2006年 05月 20日
すけすけ展atスミレアオイハウス山ちゃんの料理編
徹夜明けの体を引きずって花器作りに勤しんだRokuromanです。

作品のディスプレイ&ビールサーバーの設置完了を合図にまずは景気付けの乾杯をみんなで楽しむ。やっぱサーバーからのビールは格別だったなぁ(しかも昼から♪)
と、ちょっぴりアルコールが回り始めた頃、雨降りの足下の悪い中お客さんが訪れ始めた。
そしていよいよおむすび頭プロダクトデザイナー山ちゃんの料理が始まったのさっ。
山ちゃんが「押し寿司なんか良いかもぉ〜」なんて軽く言うもんだから一か八かで銅と二酸化マンガンのこってり入った釉薬の長皿とそれに合う取り皿をこしらえたんだよ。板皿って簡単そうに見えて実は作り手泣かせの困ったちゃんな訳でロクロならあっという間に出来るモノをせっせと時間かけて仕上げした甲斐あってなかなか良い出来だった。
そして山ちゃん...「鰹と春菊の和え物とぉ〜、焼き物に鶏団子とぉ〜、煮浸しとぉ〜、お吸い物もぉ〜どうかなぁって思うんだけどぉ〜?」って...茶碗屋的には完全なオーバーワークだったんだけど、ここはRokuromanとしてリクエストに答えない訳にはいかないって事で男気見せて(本当は半ベソだったんだけど...)それら用の器を作って行ったんだよ。
山ちゃん曰く「水野君の大皿って見た事ないからぁ〜、どうなんだろうって思ってたんだぁ〜。」...山ちゃん、お皿作るのは簡単だけど、「良いお皿」を作るのは大変なんだよってこの場を借りて言わせて頂きます!
でも、ここもRokuroman、かっちょ良いの出来てたでしょぉ〜?
(どんなお皿達だったかはみっちーのブログ並びに、すまいとのHPで♪)
まぁ、器はともかく前日から仕込みしまくってくれたおかげでドンドン来るお客さん達にもスムーズに美味しい料理達が運ばれ、皆美味しそう&楽しそうにすけすけ展初日を過ごしていくのだった...

明日へ続く...
[PR]

by hajimex-power | 2006-05-20 23:49


<< すけすけ展atスミレアオイハウ...      すけすけ展atスミレアオイハウ... >>